2015年11月29日日曜日

【香港】香港の正体


新疆ウイグル自治区から香港に飛んだ。1ヶ月の中国ビザしか取っていなかったので、香港に来てビザをリセット(ビザに関しては国外のような扱いになっている)するためである。

カラカラに乾燥したウイグルから香港の空港に降り立ったときに感じた蒸し暑さは今でも忘れない。海の近さにまず身体が反応した。

香港では現地で働いている友人の家に5日間ほど滞在することになった。
タシュクルガンからカシュガルに戻って再び体調が悪くなり、香港では下痢を治すために一度胃腸を空っぽに!!と思って少しだけ断食するまでに至った(腹が減りすぎて1日半でやめた)。そしてわけのわからん路上の漢方茶なども味方につけながらなんとか胃腸をなだめることに成功したというのがその5日間のハイライトである。


加えて香港ではほとんど観光地化した漁村、大澳(Tai O)に行ったり、


銀色のミニマムサイズの高床式の家が密集している漁村

船から見たりなんかできる

テラスの大きさがかっこいいと思った家




さらに犬や猫を飼うスペースがないから普及したと思われる「熱帯魚飼育ブーム」の聖地、旺角(Mong Kok)の金魚街に行ったりした。日本の熱帯魚屋より安くて楽しい夜の街だった。


熱帯魚のこと水族って呼ぶっぽい(左は水槽に入れる偽物の草とか屋さん)


僕の好きな熱帯魚、コリドラスが「花鼠」という名で売られていた


会社帰りに熱帯魚探しに勤しむ中年の男



しかし今回は香港について最も印象に残っていることを書こうと思う。
それは僕の知らなかった、「香港の正体」である。


結論から言うと、香港の正体は「山」だった。



僕は香港に対して、イギリスに統治されていた場所で、都会で、高層の建物が密集し、夜の街はごちゃごちゃし...というイメージを抱いていた。東京の新宿みたいな感じかなあと。

たしかに多くの人は高層タワーに住んでいて、

圧巻であった


トラム(二階建て路線バス)から眺める街はイメージと大きく違わず、




百万ドルの夜景は見なかったがイギリス統治時代の遺産が残っていたりする。






しかし夜の道を歩いていると、なんだかすごい道が現れた。


ものすごい坂!


こういう急な坂がたくさんあるのである。
このときはまだ「坂すごい」くらいにしか考えていなかったのだが、
ある高台(寺)から街を見たときの写真がこれである。


高層ビル群の後ろに聳える山々「香港の正体」


新宿と同じなんかじゃなかった。手前の高層ビル群までは新宿と言っても良いが、奥にハッキリと香港の正体が現れている。

香港は山なのである。そんな山の中に、がんばって高層ビルを建てまくっているところに香港の面白さがあるのである。

ためしに香港島の航空写真を見てみる。





↑ このくらい寄って見るとまあビルの多い都会だなという感じ




↑ちょっと引くと緑が増えてきた。島なので海ももちろん



↑香港等全体、島で、山だ。手つかずの部分が多い。



↑香港全体(黄色い線から上が中国の深圳)。半分以上緑で、手のつけられない土地になっているのであった。


このように前から僕の持っていた香港=都会というイメージは崩れさっていった。

また山でできているからこそ、こういう部分↓のデザインが課題でもあり、可能性を持っているのではないか。


宅地の間に垣間見える「山」の顔


そして専門家でないのでよくわかっていないが、海と山が生む風に対して高層ビル群がちゃんと対応できているかどうか怪しかった。つまりビル風・山風の調整である。
というのも香港では高層マンションに住んでいてもほとんど窓を開けず、空調によって空気を調節しているらしいと聞いたからである。
個人的には、香港が山である限り永遠に無視できないこういった問題を孕む住環境は、いつか限界がくる気がする...

以下は地上の風通しを確保するために何層分か抜いているビル。結構香港では見られるデザインで、これは変わってるなあと思った。しかしビルの中は別問題である。









次回から四川省編へ突入。
2008年四川大地震の被害にあった集落に行きました。


2015年11月28日土曜日

【タシュクルガン】タジク族の村まとめ

お久しぶりです。

タシュクルガンについてはこれまでに初日に訪問したダンディというじいさんの家、そして次の日に呼ばれたダンディの親戚の結婚式の話をした。

タシュクルガンは2泊しかしなかったので詳細な調査とはいかなかったが、タジク族の村について考えた少しのことをまとめとして書いておこう。


今回もトルファンの時と同様に
ⅰ.どこに住むか?(立地)
ⅱ.どう住むか?(家)

という分け方で書いてみる。

ⅰ.どこに住むか(立地)



僕が訪れたのはタシュクルガン・タジク自治県の中心「タシュクルガン」であり、その他にもこの県には山の中にいくつかの村があるはずでる。
タシュクルガンは、西側の中央アジア(〇〇スタン系の国)の山の間から来る水がつくるデルタ状の形をしている。さらに東側は南から北へ流れていく河の通り道であることがわかる。(というより、湿地帯になっていたからここらへんに水が溜まっているのかもしれない。正直ネットで探す限りでは川の名前もどれがどれだかよくわからない。)

雨が少ない山の中(標高3200m)で、このように水が豊富な場所が栄えるのは集落の常である。



タシュクルガン・タジク自治県の中心、タシュクルガン



そして以前書いたように、タジク族居住区はこの町のさらにメインロード(少ない漢民族はここに住んでいると思われる)から歩いて15~20分くらいのところからはじまる。


タシュクルガン中心部の大体のゾーニング。


今回集落の立地について考察するのは石造りの家が建てられるタジク族居住区である。



□丘の上の墓場



さて、ダンディの家のまわりを歩いていると、小高い丘に出くわした。高さ20mくらいと思われたその丘を登ってみると(標高が高いため嘘みたいにすぐ息が切れるのでゆっくり)、そこは墓だった。



丘の上の墓。タジク族の墓であろう、ムスリムの形式である。


雪解け水が流れる丘の下と違って、丘の上は荒涼として低木がチラホラ見えるだけの地である。
丘から見下すと、丘-川-農地-家屋-山というここでの生活の詰め合わせ風景が見えた。


丘-川-農地-家屋-山


川の水が行き届かないこの小高い丘には、家が建てられていない。
実見した範囲だけでも同じような丘がもう一つあったが、そこも家は建てられず、墓となっていた。
つまり、雨の少ないこの地で、水から離れた丘の上に家を建てることには無理があったのではないだろうか。

さらに自らの体で感じたことは、風がものすごく強い。周りに木もなく荒涼とした丘の上には、歩くのがやっとというくらいの強い風がビュンビュン吹いていた。これも丘の上に家を建てない理由であろう。wikipediaによるとこの地の夏の最高平均気温は32度だが、冬になると最低平均気温-39度となるのだから、冬の風は死活問題、地獄である。

こうして農地にも宅地にも使えない丘たちは、必然的に墓場として利用される運命にあったのであろう。


「丘の上の荒涼感」(住めない場所)-「低地の豊穣感」(住める場所)のコントラスト



□丘より下の使い方



それでは、丘より下の低地にはどこにでも家を建てられるのか。
その中にもルールがありはしないかと、丘から見下ろしてみる...







どうやら、丘の下の低地の中でも、家は少しだけ高い土地に位置しているようであった。
そして一番低いところが農地になっている。

川に近すぎても増水などの危険があり、かといって丘に上がりすぎても風が強く、不毛である。その中庸が人間にとってはいつも「住み良い場所」となるのだ。ほとんどの家は風対策として防風林(ポプラ)を植えていた。


□立地まとめ


土地の使い方(タジク族居住区の一部、川の跡や川らしきがたくさんある)


タジク族居住区の断面図(タシュクルガンにてスケッチ)


結論:

・タシュクルガンは、標高の高い山の中で二つの方向から水がやってくる場所で、このあたりで農業がしやすい場所である。

・石造りの家が建つタジク族居住地では、幾本もの川によってつくられた微地形を使い分けている。それは丘→墓場、微高地→家、低地→農地という使い分けである。家が微高地に立つことになったのは「風」から逃げて「水」にできるだけ近づくという生活の必要から来ている。

・多くの家が防風林としてポプラを植え、家々は離れている。


メモ:
・現在多くのタジク族がこの居住区にすんでいるのは確かだが、遊牧民のパオの広がる湿地帯との歴史的、地理的な関係性を無視することはもちろんできない。もしかしたら「二地点居住」の生活があったかもしれない。

・タジク族居住区と湿地帯の境目のあたりに古いゾロアスター教遺跡(訪問したがよくわからなかった)、さらに石頭城という城の遺跡(ネット上では1000年以上前という情報も)が存在する


ゾロアスター教遺跡。タシュクルガンには元々ゾロアスター教が存在した。

丘の上の墓に鳥が作られていた。
ゾロアスター教の神、アフラ=マズダを想起させたが考え過ぎか。



ⅱ.どう住むか(家)



□天窓のある部屋


家については前々回のダンディ関連の家がほとんどすべてなのであまり付け足す情報はないが、結婚式でもメインの部屋として使われていた天窓のある部屋は、外観からもわかるのであった。


ガラスが嵌め込まれている


こちらは飛び出ている天窓


前々回の記事にも書いた通り、この天窓は遊牧民のパオの天窓と似ている。
そしてトルファンで散々書いた「天上への指向」をどちらも持っている。


パオの天窓・石積みの家の天窓の比較


少なくとも石積みの家ではこの天窓のある部屋が民家の最も重要部分であった。



□材料


家や外壁に使われる石は、ゴツゴツしたものや川の流れに削られた丸石、両方あったが、もともとは同じ石だったのだろう。石は丘の上や川辺にたくさん落ちていたので無料である。


ゴツゴツ

丸石


もともと敷地にあっただろう巨石を、塀の一部として取り込んでいる事例もあった。


中央の巨石を中心に塀を構成してゆく



家屋はこのような石積みに泥を塗って外壁とするが、塀や家畜小屋には日干しレンガも使われていた。

中の構造、および装飾や建具にはポプラの木を使っている(前々回の記事「天国の村、タジクの家」参照)。


また、石積みの家は湿地帯にもわずかに確認することができた。

結構古そう。周りに家畜がめちゃくちゃいた



中国のどの地域でもおなじみであるが、近頃は安価であろうレンガが導入される傾向にある。(石はタダだが、おそらく人手がレンガの何倍もかかる)
基礎だけの家を発見し、これから建てられる家の材料が周囲に用意されていた。これらが最近の住宅の材料だろう。




レンガに変わってもいまだに石を使っているようである。
これら新レンガ住宅は壁体の構造を完全にレンガが対応するので、所々に存在したポプラが使われる部分が少なくなっていると思われる。
これは小さな変化と思われるかもしれないが、空間内部にとっては大きな変化であるかもしれない。柱が装飾、結婚式に置いても有効に使われていたからである。


材料の変化でおそらく内部はこう変わる(予想)。


ポプラの梁の上に石をのせている

柱が空間をつくる(結婚式)



トルファンで見られた鉄骨は、パオの構造に使われる細い鉄の棒以外には確認できなかった。山の中までの輸送コストがかかるからだと考えられる。


結論:

・タジク族の家の最も重要な装置は天窓である。天窓がある部屋は結婚式ではメイン会場として使われ、実際装飾も他の部屋より充実している。

・天窓は湿地帯に広がる遊牧民のパオとの共通点である。

・石積みに使われる石はゴツゴツしたものと丸石とどちらもあり。湿地帯にもこのような石積みの家はある。

・石積みの家の材料はレンガにシフトしてきているが、部分的に石も使われ続けている様子。

・レンガ住宅化及ぼす変化は建設コストだけではなく、ポプラを使わなくなることによる内部装飾の消滅かもしれない。

・鉄骨が入ってきていないらしい(少なくともタジク住居には見られない)


メモ:
・こちらも遊牧民のパオとの歴史的関係を理解しなければ説明できないことが多い。

・ダンディの家などに見られた外観の赤と黒の装飾は、見られない家もあったのでなにか親族的なつながりという可能性もあるが、詳細不明。



最後に、この「天国の村」を体現するお気に入りの写真を載せて新疆ウイグル自治区の記事を終わりにしよう。


菜の花畑をゆく老人(タジク族居住区)



草を食む牛たち(湿地帯)

2015年10月20日火曜日

【タシュクルガン】タジク族の結婚式


タシュクルガン2日目。約束通り朝9時にダンディの家に行くと、ダンディともう一人のおじさんがやってきて、これからどこかに行くような雰囲気であった。

ダンディの家から歩いてどこかに向かう途中、コンクリート造のタジクの家も発見した。
色やトップの装飾などは統一してある。


奥が石積みの家、手前がコンクリートの家


静かな道を歩くおじさんふたり。基本的にジャケットをきめている



そして着いたのは、これまた同じようなタジク族の家であった。

右が連れて行かれた家。おなじみの石積み。



何やら人が集まり騒がしいあの"中心の部屋"に通される。するとそこは…


中心の部屋の一角。


柄物の透けた赤い布で、部屋の一部が分けられていた。
その奥には、若い男女が座っているらしい。
どうやら今日は、この二人の結婚式のようだ…。親族たちのさぞかし重大なイベントに、ダンディは昨日会ったばかりの薄汚い日本人の若者を連れてきてくれたのであった。
23歳であるから、日本の結婚式の経験さえほとんどない。


昨日の予想通り、この部屋はタジクの家にとってやはりもっとも重要で、儀式的な要素を持つ部屋だったと考えていいだろう。



こちらの天窓もイスラミックで凝っている。


とりあえず座っていろと言われ、観察していると続々と人が集まってくる。おそらくみんな親戚なのだろう。
僕は特にすることはないので(ダンディ以外とは本日初対面なわけだからわりと肩身は狭いのだ)観察しながらこの結婚式の一部始終を記録することにした。


彼らは新たな人がやってくると毎回タジク流の挨拶をする。
男同士は握手してその手にキスし、女同士は唇でキス、男と女の場合は男の右手の平に女がキス、若い男とおばさんの場合男のほほにおばさんがキス、といった感じで挨拶だけでも色々なパターンが見られて面白かった。

待っている間はみんなお茶と油菓子(味のないクッキー)、チョコなどを食べて喋っている。することのない僕は何杯もお茶をすする。


座っているおばさまたち


タジクのおばさんたちは円柱の帽子にスカーフを巻くというおそらく晴れ姿でやってきている。この色の違いに意味があるのかは知らないが、若い女性ほど派手な色使いであったような気もする。


次から次へとやってくるタジクの女たち。若い人はスカーフを巻いていなかったりもする。



別棟の部屋は男の控え室のような場所になっていた。ここでも再現のないお喋りが繰り広げられるが、僕にはなにひとつわからない。


オシャレな男たち


男はとくに民族衣装を着ているわけではなく、ジャケットにパンツ、帽子は必須でダンディな格好をしている。タバコを吸わない人がいないほどみんな吸っている。




...そうこうしていると軽トラックに乗せられてヤギがやってきた。




これはもしかして"ごちそう"というものだろうか。
ということはこのヤギが今から殺されるのかしら…。



予想はきれいに的中した。


まず、男たちが6匹ほどのヤギを小屋に入れ、何やらノートに書いて品評している。どのヤギを生け贄に捧げるのか選んでいた。



選ばれたヤギくん(羊っぽくも見えるがどっちだろうか)



しばらくすると2頭のヤギがあの部屋に連れてこられ、一族もみんな集合した。
そこでみんな両手を前に差し出し、中年の男性が何やらブツブツ唱えている。神への感謝の言葉と思われた。
みなで最後に声を合わせて感謝の儀式が終わると(アッラーと言っていた気がする)、ヤギたちは家の前に連れて行かれる。


地面に少し掘り込んだくぼみに首をあてがわれ、素早い手つきで鋭いナイフによって首を切られた。この作業は男のみが担当していた。

僕は全く知らない人の結婚式にて人生で初めてヤギの屠殺現場を目撃した男となった。
※動画も写真も撮ったけれどこういう場にあげるものでもないのでやめておこう


暴れるヤギを男たちが抑え、完全に死ぬと見事にどんどん皮をはいでいく。ナイフの切れ味は抜群だ。
興味津々に見つめる僕を見て、男たちも笑いながら張り切っている。
取り出された内臓はあまりにも綺麗だった。


しばらく解体ショーを眺めていると、あの部屋から軽快な音楽が聞こえてきた。
入ると部屋の真ん中で老若男女が踊っている。結婚式の宴である。


踊り手は入れかわり、立ちかわり。部屋に30人はいたかな。


女の叩く太鼓と男の吹く小さい笛による音楽が、日本の祭りの音楽に似ているなと思ったりした。

video
踊りの様子


部屋の中心を使って、踊りながら回り続ける。定型の踊りはなさそうで、両手を広げて踊っている。
(あとからネットで調べたら、タジク族の踊りは鷹?の踊りで、それはゾロアスター教の名残があるとかないとか書いてあった。)

昨日重要だと感じたあの部屋の使い方がこんなに間近に、しかも最も大事な日のひとつであろう結婚式において見られるとは。


結婚式における中心の部屋平面図と使われ方のメモ



解体班に戻ってみると、殺された計3頭のヤギの頭をガスバーナーであぶっていた(煮込むのだろう)。肉の処理には女も参加していた。

また部屋に行ってみると、新郎新婦が何やらボウルに入った小麦粉をかき混ぜていた。初めての共同作業、ケーキカットの用なものだと解釈した。


赤い布を頭にかけた女の人が新婦、その隣が新郎



他の部屋も覗いて見たら、こちらもゴージャスすぎる部屋があった。

布にまみれて眠るのだろう


一族の中には子供たちもいて、家の内外を走り回っている。一人の少女は僕に興味を示し、ずっとついてきた。
この少女とスイカを食べるなどして過ごす。

小さいながらもしっかり民族衣装



調理場から包丁の音が聞こえ始める。昼飯だ。

昼飯には透明な麺の入ったトマトベースの料理が出た。ありがたいことに部外者の僕にも提供された。牛肉、ジャガイモ、パクチー、白菜などが入っておりとても美味であった。

食べるタイミングはそれぞれ。


たしか手で食べた。

ヤギはいまさっき煮込み始めたばかり、焼いた頭もバラされ煮込まれていた。


さっき殺したヤギを煮込む


このスープを味見させてもらったら、僕にとってはヤギ臭が半端なくてキツかった。


そのあとなかなかヤギ肉料理は出てこなさそうなので、次の日の下界に戻るチケットを買いにいく、といってこの家をあとにした。

この家からはこんな景色が毎日見える。




2時間後くらいに結婚式の家に戻ってみると、なんともう会が終わっていた。
しかし挨拶しておこうと思って中に入ると、「飯食ったか?」と言われたので、「食ってない」と言うと、あのヤギ肉の入った「ポロ」(ピラフのようなもの)を食べさせてくれた。



スープは無理だったが、これはいままで食べたヤギ肉(羊肉)の中で一番美味くて、ちょっと感動した。数時間前まで生きていただけある。



その後ダンディはもう家に帰ったと思われたので、お礼をしに行った。最後までクールな男だった。ありがとう、写真おくるよ。


部屋の使い方をはじめ彼らの生活を空気で感じることができた、もう多分一生見ることはないだろうタジク族の結婚式の話でありました。